読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

営業を尊敬する

先日、久しぶりに渋谷で食事会がありました。

 

職業には様々なものがあります。

 

私も様々な業界を経験しました。

 

 

もっとも辛く、だけど今現在もっとも学んでよかったと思える…それは

 

 

「営業」

 

 

です。

 

 

どの業界も利益を上げるに欠かせないものです。

 

私は10年ほど前に800万円のノルマを毎月背負い、営業していました。

 

私が売る商品は、

 

 

「授業」

 

 

です。

 

 

料理の授業です。

同時に私も料理の講師の免許をとり、授業もしていました。

渋谷で授業をしていたときは、今でも第一線で活躍される有名な芸能人の方も私の生徒さんでした。

懐かしいです。

 

 

 

当時は、ノルマを達成させるために必死でした。

 

先ずは自分の授業に生徒さんを予約してもらう。

一通りの授業のコースが終わったら、次のステップアップのために、次の授業コースを売り込むのです。

 

 

今でこそ普通ですが、当時は「女子力アップ」という言葉が流行りました。

 

流行語と、流行に乗り自分磨き、素敵な男性との出会いのための準備、彼氏によろこんでもらいたい!という、ピュアな乙女心をとにかく営業し、ノルマを達成させるのです。

 

 

初めは↑の考え方に賛同し、頑張ってノルマを達成していた私。

 

が…やはり達成出来ない時もあります。

 

月に1度の会社全体の成績発表。

とある公会堂で行われ、達成者は多いに賛美されます。

 

しかし、達成出来なかったものは、部活で先輩に叱られるより酷い環境が待っています。

 

 

私はどちらも経験しました。

 

その時思っていたのは、毎月の月末だけが自分の気持ちが解放される日なんだと。

 

そんな毎月を過ごし、数年がたったある日、プツンと自分の緊張の糸が切れた音がしました。

 

「もう無理だよ。」

 

そして、私は病院へそのまま…

 

この日を境に営業はこの世に無くなったらいい職業の一番になりました。

 

 

が…あれから10年…

 

 

今では、児童福祉施設の責任者としていますが、やはり時代でして営業力が必要とされます。

 

800万円で私は皆さんが想像を絶するような体験をするのですが、それでも「今」があります。

 

 

10年前は「営業」をなめていたんだと思います。

 

上手いこと言えばノルマなんて達成できると。

 

でも、そうじゃない。

 

 

「人は上手いことだけじゃ心は動かない」

 

 

のです。

 

 

 

私は長い間「営業」をされている方を尊敬しています。

 

「営業」って、資本主義の利益を上げる最高の戦法の1つなのだと、思います。

 

そしてその戦法は、弱き人達を騙す物であってはならないと思います。

 

 

 

「営業する者は、営業される者の最善の利益を保証し、営業する者は自然且つ純粋に利益をあげる。」

 

 

これが私が自分自身、身を持って学んだことです。

 

 

利益(お金)だけに目がくらんではダメです。

 

 

と…

 

 

 

私は深く、深く思うんです…

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい💤