読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

寝袋から…

安住の地に辿り着くまでに約1ヶ月かかりました。

 

 

その間は避難場所の某市で過ごし、眠る時は

 

 

「寝袋」

 

 

でした。

 

 

怖い思いをし、私は逃げました。

 

 

逃げた私が毎日フローリングの上で寝袋で寝る…

 

腰痛持ちと、頸椎の歪みで右後頭部が血行不良になり2週間程、強い頭痛に悩まされました。

 

500mlのペットボトルに水を入れ、首にあてて枕を作り、頭痛を和らげたりしました。

 

 

寝袋だけだと夜明け前になると寒くなるので、フリースを3枚着て

 

「みのむしちゃん」

 

に変身して毎日眠りました。

 

 

毎日の忙しさで、3時間は何とか眠れましたが、夜中の2時、3時には体が痛くて気持ち悪くなり、そのまま眠れず仕事に行く…

そんな毎日を過ごしました。

 

 

そして、安住の地への引っ越し…

 

 

真っ先にベッドを買おうと思いお店に行きました。

 

 

心機一転、新生活を始めるにあたり、一番質とスタイルにこだわったのはベッド(寝具)でした。

 

 

気持ちはホットしても、フローリングと寝袋では体が全く休んでいません。

 

どんなに高価になっても、寝具だけは自分の身体に合った物を購入しようと思いました。

 

 

そしてついに本日、自宅へベッドが届きました!

 

追加で購入した「体圧分散マット」は正解でした。腰痛と頸椎の痛みが軽減します。

 

 

また、枕はホテル仕様と同等のものにしました。さすがに後頭部の血行不良は全くありません。

 

 

自分で言うのもなんですが、1ヶ月間

「寝袋」で頑張ったなぁと染々思います(笑)

 

 

だけど、「寝袋1ヶ月生活」は私にとっては良い⁉経験だったのかもしれません…

と、ポジティブに捉えています。

いや、笑い話か(笑)

 

 

私の父は幼少から小学生のころまで貧乏で、布団ではなく、家の中でですが、

「段ボール」

が布団だったそうです。

 

 

父に比べたら、寝袋があっただけでも

「贅沢」

だったのかもしれません。

 

 

安住の地に身体に優しいベッド…

 

 

ありがたいです。

 

本当に嬉しい…

 

 

 

今日はどんな夢をみるかなぁ…

 

 

感謝することは大切ですね。

 

初心を忘れることなく、毎日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

おやすみなさい💤