読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

発泡スチロール

こんばんは。

 

 

 

年末のこの時間は心なしか、山手線が空いているような気がします🚌

 

 

 

 

 

楽しい忘年会の後なのか、周りの人達は眠っている人、楽しそうにまだ話し込んでいる人、スマホに集中している人…いろいろです。

 

 

 

 

 

ふと、実家の岡山の事を思い出しました。

 

 

 

 

小学生の頃、今の時代とは違い近所の子ども達はランドセルを家の玄関に放り投げ、空き地に集まっていました。

 

 

 

 

 

 

ある日、大きな発泡スチロールの箱が何十箱も空き地に捨てられていました。

 

 

 

 

 

 

その時最年長だった6年生のお兄ちゃん達や、当時小学4年生だった私と友達、あと数名のお兄ちゃん、お姉ちゃんの8人ほどで

 

 

 

「イカダを作ろう❗」

 

 

 

 

という話になりました。

 

 

 

 

 

 

ちょうど私の実家の前には5メートルほどの川⁉があり、水門もありました。

 

 

 

 

 

 

 

各自、自宅から紐を持ち合い、大きな発泡スチロールを重ね、イカダを作りました。

 

 

 

 

 

「さあ乗るぞ❗みんな乗れ❗」

 

 

 

 

 

 

6年生の一声で乗ろうとすると、バランスが崩れ水が入ってきます(笑)

 

 

 

 

「大変だー。」

 

 

 

 

 

私達子どもなりにどうしたら皆が乗れるのか?順番が良いのか?

 

 

いや、一緒に皆で乗りたい❗

 

 

 

 

 

その「共にあるべきだ❗」

 

 

 

 

という精神が軸となり、慎重に新たな発泡スチロールをドッキングさせました。

 

 

 

 

 

慎重に慎重に…

 

 

 

そーっと乗り込み、8人が乗りました✨

 

 

 

 

 

「やったー❗行くぞー❗」

 

 

 

あれ?

 

 

 

「どーやって漕ぐんだよ❗前に進まないぞ❗」

 

 

 

 

誰が言い、船頭ならぬ棒を探しに行きました。

 

 

 

何故か私は棒ではなく、自宅から

 

 

 

 

「洗面器」

 

 

 

 

を持っていきました。

 

 

 

 

これで水をかけば前に進むはずだ❗と、信じて…

 

 

 

 

私以外は皆、棒を持っていました(笑)

 

 

 

 

「おい、○○❗なんで洗面器なんじゃ?アホか?もうえーから、いくで。」

 

 

 

 

「出発進行❗」

 

 

 

 

高鳴る胸の鼓動は押さえるどころか、8人の興奮を鳴らしました✨

 

 

 

 

とても汚い橋の下を全員でぶつからないように頭を下げて潜りながら、これまた感動❗

 

 

 

 

そして、100メートルしたときに…

 

 

 

発泡スチロールの中に水が❗

 

 

 

 

「おい❗沈むぞ❗沈没してみんな死んでしまう❗どーにかせんと❗

 

 

(水深60センチでは死にませんよ…大人になって気付いた私(笑))

 

 

 

でも、みんな必死でした。そこへ…

 

 

 

 

「おい、○○の洗面器で死なんですむぞ❗」

 

 

 

皆で水をかき出し続けて数分後、一人二人と片足を川底につけ歩きながらそれでも水をかき出す(笑)

 

 

 

 

子どもは必死ですよね(笑)

 

 

 

そして一番小さくて、体重の軽かった私が最後まで発泡スチロールの中に収まり❗

 

 

 

「さあ、○○ゴールや🎵」

 

 

 

と岸までお兄ちゃん達が連れていってくれました。

 

 

 

 

 

 

「うん✨やったー!ついたよー!」

 

 

 

 

 

 

が…か弱い⁉私の足は見事に「苔」にとられ

 

 

 

 

 

 

ボチャーン❗❗❗

 

 

 

 

 

 

私だけが全身で川に「土左衛門」のごとく浮かびました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

中々、面白い思い出です(笑)

 

 

 

 

 

今ではそんなゴミのような発泡スチロールを拾って来ることさえあり得ない世の中です。

 

 

 

子ども達が自ら考え、協力し、失敗しつつも何かを得る時代(環境)はとても大切だとおもいます。

 

 

 

 

 

そして、私がセレクトした「洗面器」は間違ってなかったと、未だに自負しています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい💤