読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

発表会と緊張

おはようございます。

 

 

ただ今、あさの5時30分です。

お月様がまだ煌々としています。

 


f:id:yumiriya:20161217073103j:image

 

 

今日は生活発表会の当日です。

 

 

子ども達があの運動会から更に成長した姿を見せる時です。

 

 

発表会は成功するでしょう。

 

 

 

何も心配していません。

 

 

 

しかし、私は緊張で一睡も出来ませんでした。

 

 

 

発表会の後に私から保護者に向けてやむを得ない事情による重要な告知が控えています。

既に保護者からの非難は想定内です。

それでも、職員と現場を守るためには仕方ないことです。

 

 

 

 

そして、その告知よりも私が危惧しているのは、その後に控えている全体職員会議です。

 

 

 

 

私はこの全体会議で職員にまだ誰にも話していないことを伝えなくてはなりません。

 

 

 

 

 

ショックのあまり、退職を考える職員もいると思います。

職員の愕然とする表情が次々と浮かんできます。

 

 

 

幾度とこの業界で危機的状況に遭遇してきましたが、久しぶりに私も緊張しています。

 

 

 

 

職員不足…

 

 

 

 

そして行政に対し、私が預かっている現場の施設登録の変更。本社は施設の登録変更には首を中々縦に振りませんが、変更がダメでも私は春から実際に実行する予定です。

 

 

私の現場の本社担当者には既に大幅改革を伝えています。

 

 

 

人員不足でも、利益率を上げる方法はあります。私はこの数ヵ月どうやったら少ない人数の中で、子ども達の育ちを保障し、職員の職場環境も保障し、利益を上げられるかを毎日毎日暇さえあれば考えてきました。

 

 

 

 

 

そして、春から残された職員の負担を減らすために既に私の方で作成できる書類は現場の担当者と連携をとり、5月までのありとあらゆる書類の準備を80%整えました。

 

 

 

 

同時に私の仕事も3月までの物はほぼ終わらせ、新年度に向けて準備を始めました。

 

 

 

 

 

「どんな悪化状況でも、準備さえ完璧に行っておけば、大半の事は乗り越えられる」

 

 

 

 

 

 

学生時代にアルバイト先で店長に教えていただいた事です。

 

 

 

 

 

さぁ、職員達の気持ちを今日は全身で受け止めたいと思います。

 

 

 

 

昨夜のブログでは本当に弱音を書いてしまいましたが、好きな仕事をさせて貰っているだけで十分有りがたい事ですね、happyさん。

 

 

 

 

元気出して頑張ります。

 

 

 

どの現場でも、上に立つものが明るく元気でないと、ついてくる職員が暗くなってしまいます。

 

 

 

 

 

あと3週間足らずで一段階目の環境の変化がやってきます。

 

 

 

お正月も返上で仕事します。

 

春からは第二段階目の改革がはじまります。

 

 

 

 

 

会社にも変わって欲しい所はたくさんありますが、その前に私自身が変わりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

諦めません。

 

 

 

 

 

 

そんなことしたら、子ども達と職員に失礼だから。

 

 

 

 

 

 

そろそろ現場に着きます。

 

 

 

 

頑張ります!

 

 

 

 

ありがとうございました。