読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

技術を伝える

こんにちは😊

 

 

これから帰ります🚌

今日は来月の生活発表会に向けて、大道具や小道具を作るために出勤しました。

 

 

本来なら、年間行事で決まっていることに対し、ギリギリになって演目を決め、準備に取りかかる…

 

 

計画性としては仕事を行うに辺り問題ありですが、人員不足や毎日超過勤務も一つの要因と考えれば、ギリギリになったことも仕方ない部分もあります。

 

 

 

そんな中、幼児クラスの担任と私は来週のリハーサルに向けて出勤しました。

 

 

 

基本的に日曜日と祝日は私の承認がおりないと、絶対現場に行くことを許可していません。

 

なぜなら、そうでもしないと出勤して仕事をするからです。

 

 

仕事熱心は嬉しいのですが、職員の体調がとても心配なのです…

 

せめて、日曜日と祝日は仕事から離れて休んで欲しくて、職員の同意のもと決めています。

 

 

 

 

昨夜の最終お迎えは22時でした。

 

 

 

 

その職員は何時間現場にいたのか…

そして、私も来月からは少しでも職員の負担を軽減させるべく、21時から22時までの遅番勤務に入ることにしました。

 

朝は8時に現場にいるので、長丁場になりそうです。

 

 

 

 

タイトルから逸れましたが、今日の大道具作りでは、段ボールで子ブタさんのお家を作ったり、海賊船を作るなどしました。

 

 

 

 

今年の職員は大道具等を余り作った経験がなかった為、効率よく画用紙を無駄なく使う方法や裏打ち、ボンド糊の水とデンプン糊のちょうど良い配合、ポリ袋のアイロンのかけ方を指導しました。

 

 

 

また演目の間の「幕間」の打ち合わせをしたり、書き割りをベースに歳児ごとに劇の導入のかけ方、指導方を伝えました。

 

 

 

 

 

園内研修は定期的に行っていますが、具体的な保育実践のレクチャーは中々行えていなかったので、今日は良い機会だったのだと思いました。

 

 

 

 

職員も真剣にメモを取り、沢山のアイデアを出してきました。

 

イデアについては、実際に子ども達と関わっている職員が子ども達の事を考えて具現化していくのが一番だと思っています。

 

 

 

私はあくまで、そこに効率性を持たせアイデアに幅を持たせる協力をしていきます。

 

 

 

 

子ども達と一緒に何を楽しもうか♪

そう考えてる職員の目はキラキラ輝いていました😊

 

 

 

今朝は疲れからか、起きるのが辛く出勤の支度をしている途中に何度もめまいがしましたが、頑張って出勤してよかったと思っています。

 

 

 

発表会に向けて、かなり目処がたってきたので、職員は少し安堵した表情になっていました。

 

 

 

明日からは本格的にオペレッタを子ども達に教えていくようになります。

 

 

 

 

私は職員に、

 

 

「強制ではなく、楽しさを感じさせる導入を行って行くことで、子ども達の意欲は継続する」

 

 

 

と話しました。

 

 

 

さてさて、運動会よりまた成長した子ども達をどこまで導いて行けるのか、見守りつつ必要に応じてはフォローしていきたいです。

 

 

 

 

 

少し疲れました。

 

 

今週末辺りから、また病気の影響が出て来そうです。

 

微熱と倦怠感との戦い。

 

 

 

明日も長くて本当に長い1日が待っています。

 

 

 

 

それでも、子ども達の為に職員と一緒に元気を出して頑張っていきたいと思います✨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀