読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

周りの声とバランス

おはようございます😊

 

 

今朝も爽やかな秋晴れです。

自然と前向きになろっうて、思います😊

 

 

今週は余り病気の影響も出ないので、比較的に体が楽です。

 

 

 

さて、今日は「周りの声」と「信念」について書いてみようと思います。

 

 

 

仕事をしていると、経験を積み引き出しも増え、自信へ繋がってきます。

 

どこの会社にも理念や方針があるなかで、徐々に自分の「信念」が構築されていきます。

 

 

 

そうやって自分を信じ、周りの仲間を信じて仕事を一緒にやっていく…

 

当然、我々はサラリーマンなので利益も必要です。

 

 

 

 

「信念」と「利益」

 

 

 

 

どちらかだけに比重が偏ると、「周りの声」

が容赦なく出てくるようになります。

 

 

 

 

しかも、その「周りの声」は往々にして現場の人間ではなく、毎日机上だけで仕事をしている側の方です。

 

 

 

まぁ、↑このような事は昔からあることです。

 

 

 

 

でも、自分が言われるといい気分になれないです。やる気も無くしかねません。

 

 

 

 

同じ会社でも、立場が変われば判断も考察も異なります。

 

 

 

 

 

私は昨年の自分の身に起こった事を、毎日「教訓」にしています。

 

 

 

 

どのような結果になっても、それは自分が招いた結果だと。

 

しかし、それがどのような結果になっても自分なりに「信念」を持ち、職員と共に子ども達の為に頑張って来たのなら、素晴らしいと思うのです。

 

 

ただ、去年の私には信念はあっても、「利益」を完全に見失っていました。

 

 

 

そうです。信念と利益のバランスが完全に偏っていました。

 

 

 

皆さんは「利益」というと、「お金(数字)」と考えると思います。

 

確かにそれもあります。

 

 

 

「利益」はそれだけではありません。

 

職場における、

 

「人間関係」

 

もそうです。

 

 

 

 

責任者として職場の「人間関係」を落ち着かせる事はとても重要であり、

 

 

「人間的な成長」という「利益」が生まれます。

 

 

仲間が多ければ多くなるほど、束ねる事はとても大変な事です。

 

 

 

 

責任者一人が全ての采配を振る事は難しいです。

 

そこへ、職場の資質向上を常に行っていく。

 

 

 

「信念」と「利益」

 

 

 

のバランスに気を付け、毎日コツコツと頑張っていれば、「周りの声」に振り回されないようになります。

 

もちろん、大切なアドバイスは聞く耳をもつ必要がありますが…

 

 

 

 

 

「周りの声」に落ち込まないで欲しいです。

 

 

 

 

仕事ぶりは、見てる人は見てくれていると思います。

 

 

 

 

今日もバランスを大切に、頑張っていきたいと思います❗

 

 

 

 

 

本日もお読み頂きまして、ありがとうございました✨