読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

助け合う

おはようございます😊

 

 

今朝、最寄り駅の目の前にある食品工場の屋上から紅白幕と、のぼりが立っているのを見付けました。

 

 

 

ふと20年前の野外パーティーを思い出しました。

その頃の私は銀行員でした。少し特殊な銀行だったので、預金や為替もやりましたが、当時は相続や融資などを中心に仕事をしていました。

 

 

 

私の勤めていた銀行は財閥系でしたので、よく財閥グループのパーティーがありました。

 

その日は財閥系のデパートの屋上でパーティーがありました。

 

 

金融、損保、生保、不動産、流通、商事、サービスなどの職員が集まりました。

 

 

 

何度も集まりがあると、同期や先輩、支店長など知り合いになっていきます。

そこから、二次会や別日に同期会などをよくやっていました。

 

 

業界は違っていても、そこはグループ。

しかも私がいた財閥は、「人がいい」と財閥の中でも言われていたので、本当にみんな相手を大切にする方が多かったです。

 

 

 

 

「○○、周りを見てみろ。ただ銀行に入ったと思っているかもしれないが、ここにいる人間は分野は違っていても、グループの仲間だ。近い将来、金融業界は淘汰され、他の業界も淘汰されるか、方向を転換しないといけない時が間もなくやってくる。その時は、グループ内の整備は必要だが、倒れてはならない。業界は違っていても、グループ全体で利益をあげることは、我々の生活も守る事になる。」

 

 

当時の支店長が私に話してくれました。

 

 

 

 

今の私の現場にもグループがあります。

この○○不足の中、どこの現場も大変です。

 

 

 

最近は少し私の現場は職員が揃ってきました。

でも、大切な方の現場は人員不足で大変な状況です。

 

 

 

私は20年前の支店長の言葉を思い出しました。

 

確かに自分の現場だけを安定させ経営をすることは大切です。

 

 

 

 

でも、自分の所だけ良ければ本当にいいのか?

 

 

 

 

私はそうは思いません。

 

 

 

 

助け合って、共倒れになるのは本末転倒ですが、自分の現場も守りつつグループの現場を助ける事はとても大切な事だと思うのです。

 

 

 

 

ありがたいことに、私の現場の職員は最高に人がいいので、他の現場のヘルプに行くことを嫌がりません。

むしろ、自分の視野を広げられると前向きです。

 

 

 

 

今グループ内での助け合いですが、これは普段の人間関係でも同じだと思います。

 

 

 

 

「企業人である限り、自分だけが利益を追求してはならない。」

 

 

 

 

たった一人の個人経営ならいいと思います。

 

 

 

そして私は今回うちの職員がヘルプに行くことで、彼の現場の子ども達と職員が笑顔で過ごせればいいなと思います。

 

 

 

「助け合う」事は皆が前を向くことによって、大きな力となると信じています。

 

 

 

20年前の支店長の教えは、私にとって素晴らしいお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、もうすぐ職場です!

 

今日も一日元気に頑張っていきましょう🎵

 

 

 

 

 

 

 

本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀