読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

ブラウン管から…

こんにちは😊

 

 

今日はあいにくのお天気ですが、のんびりした休日を過ごしています✨

久しぶりに昨日は家電量販店に行く用事がありました。

 

そこで私はテレビのコーナーで、ある子どもと些細なやり取りをしました。

 

 

 

今や「4K」のテレビがコーナーの半数以上を占めるなか、画像の鮮明さを比べさせるために液晶テレビと並んで置いてあったりもします。

 

 

ちょうど私も鮮明さを比べようと、2台のテレビの前に立っていると、小学校低学年程の子どもも私の隣に立ちました。

 

しばらく観ていると、

 

 

 

「こっちのほうが綺麗だね。綺麗に映ってる❕ね、お姉ちゃん❕」

 

 

 

私は自分の事だと思わなかったのですが、周りを見渡しても私とその男の子しかおらず、

 

 

 

「ん?私のこと?私に話してくれてたの?」

 

「そうだよ。お姉ちゃんも、この2台の違い分かる?」

 

 

私はかなり衝撃的でした。

何に対して?って、私はもともと

 

 

「ブラウン管育ち」

 

 

だからです。

 

 

 

しかも、家具調テレビ、リモコンなしの主導チャンネル、メインチャンネル以外のチャンネルはUチャンネルという、もう一つのチャンネルを回していた時代です。

 

 

 

そして、私はさらに小学校3年生まで、テレビは電波放送だと知らず、あのブラウン管の中に小さな小人さん達がいて、お芝居等をしているものだと信じていました。

 

↑これは本当にそう思っていたんです(笑)

 

 

 

この「?」な私の発想からすると、今のテレビだと、薄っぺらい中に「薄っぺらい人」という、人種がいるという発想になるわけです。

 

 

 

と言うことで、私はその小学生の男の子に聞いてみることにしました。

 

 

 

「あのさ、このテレビに出てる人達って、このテレビの中にいると思う?だからテレビが観れてるって事なんだけど。」

 

 

 

「お姉ちゃん、何言ってんの?テレビの中に誰もいるわけないじゃん!」

 

 

 

「じゃぁ、どこにいるの?」(私)

 

 

 

「あのね、TVはとかスマホは通信されてるんだよ。このテレビの中に芸能人がいるわけないし。テレビとかPCとか、家のテレビを繋ぐ所に線を付けると、通信出来るようになるんだよ。お姉ちゃん、そんなことも知らないの?」

 

そして、さらに追い撃ちが、

 

 

「だから、ここに並んであるテレビは今同じ番組が観れてるんじゃん!」

 

 

 

オー❕なんて天才少年❕

確かに昔と違って、鼻水も垂れていない❕

 

 

 

「ぼく、よく知ってるねー。凄いよ❗お姉ちゃん、勉強になったよ。」(私)

 

 

 

「こんなの当たり前だし。お姉ちゃんが知らないって、こっちが驚きだし。スマホとか持ってるんでしょ?もっと勉強したほうがいいよ。じゃあね❕バイバイ❕」

 

 

 

バイバイ❕楽しかったよ🎵ありがとう😊」

 

と、手を振りつつも、ややひきつり顔のわたしでした(笑)

 

 

 

時代の移り変わりを染々感じましたね~(笑)

 

 

正直、10年、20年後はどうなっているんだろうと、真剣に思ってしまいました。

 

 

 

一方で、ブラウン管の時代が私は大好きでした。

今のテレビの方が画質や音質もいいし、聴いていても臨場感もあります。

 

 

でも、テレビを囲んで観ている側の家族や親戚、友達の声や笑い声など、いろいろな音が混ざった「賑かさ」は少なくなったような気がします。

 

 

 

 

ブラウン管の中にいると信じて疑わなかった「小人さん達」…

しかも、小さい頃テレビの横や後ろに回り込み、次の番組の前になると、

 

「○○さーん(芸能人やアニメの主人公)、もうすぐ番組が始まりますよー。準備しておいて下さいねー。」

 

と、テレビに向かって話し掛けていました(笑)

 

自分でいうのもなんですが、かなり面白い女の子だったかもです😊

 

 

 

たまに家電量販店に行くのも楽しいですね🎵

 

タイムスリップ大好き人間なので、また行きたいと思います。

 

 

あと、テレビを作った人は誰なんでしょうね~。

 

その方に、家電量販店のテレビコーナーへ連れて行ってあげたいです❕

 

喜んでくれるかな⁉

 

 

 

🍀おまけ🍀

そういえば昔、家にあった家具調テレビのチャンネルの「つまみ」を回しすぎて、つまみがとれて「棒」だけに…

母に何も言わず、そーっとはめておいたら、いつの間にか酔っ払っていた父が叱られていました😅

自分じゃないのに、素直に謝る父をみて、肩たたきをしてあげました(笑)

 

 

 

 

 

 

本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀