読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

建前は難しい

こんばんは😊




今日は仕事で1日喋りっぱなしでした😅
電車を乗り継ぎ、えっちらおっちら帰っています💨



今日のお仕事は、春からお子様を預けたいと考えていらっしゃる方達の見学会でした。
育児休暇が終わるのを目処に職場復帰されるお母さんは必死です。
今日は土曜日ということもあり、ご夫婦でいらっしゃる方も多かったです。
そうなると、20名以上の方の前でずーっと私の職場について話すわけです。





午後の部では質疑応答が盛り沢山で、これから大切な我が子を預ける場所にここは相応しいのか?
安心して預けられるのか?という思いの中、質問も方針や理念、はたまた職場の人間関係まで質問に上がってきます。




私の業界も時代と共にサービス業にも属するようになってきました。




春に向けて、個人的には仲の良い責任者同士だとしても、ライバルになってしまいます。




仲の良い責任者は、見学の方にどんな話をしているのかも検討がつきます(苦笑)




そんな見学会で私はいつも言っていることがあります。
その内容は、





「ここを希望して頂くにあたり、私が皆様に切にお願いしたいことがあります。それは、私達と共に足並みを揃えてお子様を育てていって欲しいということです。どうかお仕事が忙しくても、お子様の成長と向き合い、我々と喜怒哀楽を共にし、お子様の健やかな成長が出来るように、子育てを楽しみたい方は是非こちらを希望して頂きたいと思います。」




というものです。


知り合いの所では、


「うちを単願してくれる方を優先に決めさせて頂きます。」


ときっぱり。


一方私は、


「他の所もたくさん見てください。その中で、親御さんが我が子の命と成長を託したいと感じる場所を探して欲しいと思います。」





あー。
こんな内容を本社がみたらなんと言うやら😅
営業してないじゃないの!
と怒られますね。




確かに利益を出す事を一番に考えれば単願を勧め、入れる率を上げるトークをすればいいのです。


親御さんの仕事復帰への不安、お子様の預け先を早く決めたいと考えると焦るのも分かります。




でも、我々の業界の本髄は違うと考えます。




そして焦りが先行し、いざ預けてみると子ども達の遊びの質は?遊びの保障は?子ども達の権利は?子ども達の基盤を作る、大切な時間の職員の関わりあい方は?



見学会の印象と違う❕
こんなはずじゃなかった❕



となる可能性があります。






私の性格もあるのでしょう。




「建前」




は難しいです😅





そんな考えのもと今日の見学は40分が1時間30分になりました。



そして、見学の方に、



「とてもいい時間でした。是非とも子どもを預けたい。お金は区立より高いけど、我が子を大切にしてくれる場所が一番です。」



と言って頂きました。




既にブログでUPしているように、職員同士の人間関係も素晴らしいですし、勉強熱心です。





職員と私の子ども達に対する「思い」を素直に伝えることしか出来ませんが、私達の職場で親御さん達と一緒に子育て出来るといいです。




正直過ぎるかなぁ…😅





春から私達の所へ来てくれる子ども達はどんな可愛い子達かな❔

今から想像するだけでワクワクします🎵





今週も連日忙しさMaxでしたが、良い仕事が出来たように思います。







明日は、死んだように眠るでしょう(笑)






皆様、素敵な週末をお過ごし下さいね✨








本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀