読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

手から伝わる気持ち

こんにちは😊



今日から月曜日まで、三連休です❕
やったー❕でもこれは夏休みじゃないんです。夏休みはかなり先になりそうです☆
少し心配は台風…職員が、大幅に出勤が難しくなると、月曜日は出勤かなぁ…と考えています😅




さて今日は「手」=「温もり」=「心地よさと気持ち」について、私が感じた事を書きたいと思います。




私は仕事柄、手を繋ぐ機会がよくあります。
殆んどが子ども達ですが、ダンスの練習の時は職員でもを繋ぐ時があります。



手を繋いだとき、誰しもがお互いの「手の感触」を感じ、相手を「感じる」と思います。
感性の豊かな、鋭い方は相手の方がどんな方なのか感じるみたいです。



それほど「手」は心を感じる素晴らしいツールだと特に最近は思います。



仕事中、本当はずっと抱きしめていたいけど、難しいときは悲しくて泣いている子どもと手を繋ぎ、一緒に過ごすだけでも子どもは落ち着いてきます。




大人も大差なくて…




大人同士で手を繋ぐ機会と言うと、


・握手する

・好きな人と手を繋ぐ

・家族と手を繋ぐ


が殆んどのように思います。



私も様々な方と握手をしたり、手を繋いできましたが、最近驚いたのが




「手を繋いでいる感覚がない、温かい」




という感覚がありました。




ブログでも書いている、私の大切な方です。




彼と手を繋いでいる時は「繋いでいる感覚がない」のです。




んー。自分の体の一部のような感覚になります。
それは「好き」という感情があるからじゃない?
と考えるのが一般的な気もしますが、少し別な気がします。



しかも手を繋いでいる時は、何となく彼の気持ちの揺れとか安心感や私への応援を感じる時があります。もちろん、私からも彼へ優しい気持ちを発信しています。




あれ…例えが全く公平ではなかったですね。
私の大切な方は、当然私にとっては「好き」なので、意味合いがかわりますね。
すみません。



そして文章だけで読むと「オカルト⁉」のような気がする方がいるかもですね。

それはありません。
オカルトとかよくわからないです😓



濃霧のようですが、そんな「感じがする」ということです。

ただ、直感的に感じるのだと思います。




しかし、いろんな人や書籍、絵画、音楽等に出会い、直感的に感じる事と何ら変わりません。




そして、人には「心(気持ち)」があって…



手を繋ぐ事で、気持ちが通い合いやすくなるように思うのです。



「手と手を取り合う」



と先人の方達はよく表現してくださっています。



先程記しましたが、手は「私達の感性にダイレクトに響くツール」だと思います。



誰でもかれでも見境なく手を繋いだり、手を握っては危険ですが、皆さんも大切な方やご縁ある方と握手してみてはどうでしょうか?




私の日常では、職員がよく頑張った時、新入社員の入社日、退職日、は必ず感謝の気持ちを込めて握手します。



握手し馴れないのか、ドキッとしている職員がいますが、最近は職員から握手を求めてきてくれます(笑)嬉しい限りです✨




毎日忙しく頑張っている皆さん、機会があれば、もしくは手を繋ぎたい!握手したい!と思われた際には、是非ともお相手の状況を見極めたうえで、手に触れてみて下さい。


やたらめったら手に触れると、事件になっちゃうので💦




ご家族と手を繋ぐのも素敵ですね✨





人と人の触れあいは、絶対に機械やシステムに勝ります。



「温もり」




は 私達の「特権」なのかもしれませんね😌🍀









本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊✨