読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

偶然と必然は?

おはようございます😊


たった4日間ブログから離れていましたが、たった数日間で様々な事が起きました。


先週金曜日に軽井沢にきていた両親と合流する予定でしたが、仕事と午後からの予定も急遽難しくなり、結局土曜日の深夜に軽井沢へ行くことになりました。



朝5時30分頃、お腹が空いたのでパーキングに立ち寄り飲料水を取りに席を立ち偶然横の席の男性をみると…



「○○○○…?」
思わず声を潜めて名前を言ってしまいました。


向こうも
「○○?どうしてここに?」
向こうも声を潜めて言ってきました。


私の頭の中は頭の中がぐちゃぐちゃで、彼の頭の中もぐちゃぐちゃな様子が伺えます。



「マズイ。でも、彼を紹介しなくては…💧」



彼と私は特にお付き合いしたりした事はありません。
私は恋愛感情もありませんでした。。
しかし、過去に仕事を一緒にしていました。



そして、今また非常に近い所で仕事をするようになりました。



周りからは、彼をみると私が重なるそうです。
逆に私をみると彼が重なるそうです。

ちなみに重なるところは「顔」ではなく、「雰囲気とやることなすこと」だそうです。




さてこちらは同行者に彼を紹介しなくてはなりません。


なぜ私と彼が凍りついたかというと、私の同行者に原因はあります。


過去に「勝手に」彼との事を疑い、罵声を浴びせてきた同行者にどう紹介するのか?


「○○ ○○さんです」(私)


「○○?…ああ、」(同行者)



お互い挨拶もしない…この大人の対応もない…最悪の空気…


私は生まれて初めて
「空気が凍りつく」
という経験をしました。


そして、別れ際も不穏な空気が流れ…




普通ならどう考えても会わない場所、会わない時間に偶然は訪れません。



会いたいと願っても、会えない方もいますから。



人は様々なご縁と生きています。

そして人間関係は合理的に考えると、とても簡単で嫌な事があっても割りきれば何ら問題ありません。
そう、「AI」の様に生きれば問題ないのです。



でも、中々そうはいきませんね…


「感情」がある限り上手く行かな行かない時もあります。
一方で「感情」があるから誰かを好きになり、愛おしい、大切にしたいと「優しい気持ち」になることもできます。



彼とのご縁も、これからも続いて行くのだとお互いに思っています。
今回あのような場面であったのも、 不思議なご縁です。
ちょっぴり変わったご縁ですが(笑)



私は偶然は必然だと思っています。

夢見る夢子ちゃん的な考え方ではありません。


自分の身の回りに起きていることは、自分が引き寄せているとも考えます。


いずれブログにUPしますが、ある美術展に行くに辺り忙しい私の背中を押してくれた方もその一人でしょう。




人生は一度しかありません。
以前のブログにも書いたように、今の気力と体力を維持し、人生を謳歌できる時間は限られています。


会いたい人に会って、自分の手で引き寄せて、自分の為になる生き方をしていきたいです✨




本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊✨