読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

タイミング

こんばんは😊


今日は朝のブログで終わろうと考えていました。

でも、ある方のブログを拝読し、今日の終戦記念日について私の思い出を書きたいと思いました。



私が中学一年生の時に、母の社員旅行へ一緒に行く機会がありました。



そこで私は母の上司と出会います。



旅行中、様々なお話をしてくれました。
元々昔話(苦労話し)が大好きだった私は、戦争についていろいろ尋ねました。



話しの中でその方は戦争を体験し、まさに終戦記念日である8月15日に特攻隊員として赤紙を受けとりました。


その方は数日前に赤紙を受け取り、ご両親やご家族に最期の手紙をしたためていたそうです。


その数日間は、仲間の方達と何度も別れを惜しみ、敵地へ行くことへの士気を高めていたと…一方で、一人の時間になると止まらない程の涙がこぼれ、特攻隊として命の限りを感じ、もう一つの心はお母さんへの想いだったと…


そして8月15日、軍用機に乗りエンジンを掛けたその時、上の方からエンジンを止める様に命令を受け、終戦のラジオを聞いたそうです。


その方は

「死を覚悟していた。ギリギリの所まで気持ちがきていた。でもラジオを聞いて、遠い未来は見えなかったけれど、目の前の命の光が輝いたのを覚えている。」


と…。


その当時の私は教科書の内容と同じだったんだ、と素直に感じました。




大人になり戦争の恐ろしさと、タイミングがほんの少しでもずれていたなら、その方とお会いすることも話を聞かせて頂く事もなかったのです。



今でもその方はご健在だそうです。
今は外出が難しくなったそうですが、其までは海外旅行を多いに楽しんでいらっしゃいました。



本当に人生は「タイミング」もあるのだと。



今日は終戦記念日だと言うことを職員と話したときに、若手の職員はややピンと来ていませんでしたが、


「私達は戦争は知らないけれど、戦争のない暮らしが続いて欲しいです。」


と話していました。



何時の時代も平和の意味をしっかり知っていれば、心優しく過ごして行けるのだと思います。





本日も、ありがとうございました。








おやすみなさい💤