読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

工夫

こんばんは😊


帰りの電車🚌です💨


さて今日はいろいろ考えた一日でした。


私は今日会議の場で、職員に大きな意識改革の導入を掛けました。


○○不足と言われるなかで、確かに現状は大変です。
実際に職員達は長くて密度の濃い仕事をしているので、疲労と○○不足という理由が定着化しています。


周りをみると、他のグループの現場でも同じ現象が見えます。


今後職員が着任する見透しは…今のところ見込めません。


私はこの現状に不平不満を言う前に、職員達へ職場環境を私達自身の力で「工夫」する事を提案しました。



先ずはどの様な工夫が必要か考えてもらいました。


職員から出た意見は
・職員同士が声を掛け合って互いの現状を把握し現状を見ていく。
・早番できた職員から残業を早く切り上げる
等々でした。


これは今も十分行っている事です。
そして、沈黙が続きました。


そこで私は、


help職員が来てくれる時は我々ののシフトを大幅に動かし、30分でも事務仕事が出来そうであれば交代でどんどん抜けていく。


慣れるまでは現場の指示系統を全て私が行い、メリハリのある一日の流れを定着化させ、気力と体力の消費を最小限にするのです。


疲れは一歩間違えるとダラダラworkになってしまいます。そして、心身ともに疲弊していきます。


優先順位が付けられなくて迷っている職員には、迷う隙を与えず指示をだし、どこから手をつけていくのかを幾つかのパターン化にさせ覚えてもらいます。


悩むべきところは優先順位ではなく、仕事の内容だと考えています。


状況判断を焦る必要はありませんが、悩む必要もありません。


業務の効率化を図る為の「良い意味での癖」をつけていくのです。


それに慣れてくれば、互いが持っている業務の内容を職員同士で共有し合うだけで、職員同士が自然に仕事の優先順位を付ける事が出来るようになると、考えました。



実際に子どもの記録を残す事務仕事は大量にありますが、4月から記入の仕方をパターン化することにより、全体の基礎レベルが上がりました。

基礎が固まった事で、イレギュラーな内容をすんなりと「新たな自分の引き出し」に落とし込む事が出来るようになったのです。


表現は適切でないかもしれませんが、受験勉強と似たところがあります。



職員の反応は…


思っていた以上に、私の提案にワクワクしていました。



私は仕事が好きですが、仕事の前に人として楽しい生活を送りたいと思っています。
「女性」としてもです。
確かに長時間仕事をしていますが、基本的にはライフワークバランスをしっかり取りたいと思っています。



職員も同じです。
仕事に振り回されては大好きな仕事が嫌になってきます。
「女性」「母親」「妻」様々な顔を持っている職員にはプライベートも大切にして欲しいのです。


今回の提案と共に、この私の気持ちも伝えました。


忙しくて、人不足…
これを「工夫」という新たな試みで楽しく乗り切り、気がつけば皆が成長している。

いや、成長すると確信しています。


この試みは来年度の雇用継続にも繋がると見通しています。


明日から全員で取り組む「チャレンジ月間」です!


最後に職員へ


「今回の試みは私達自身の工夫によって得られる自由な時間の獲得に繋がり、業務の効率化に対する自信となります。」


と伝えました。



この「自由な時間」が今の疲弊した職員には必要なのです。



明日から全員で自由な時間の為に、明るく楽しみながら頑張って行きたいと思います♪


ポケモンGO!と同じく「自由な時間」が現場にはたくさんあるはずです(笑)


さぁ、たくさんゲットしていきま~す✨



本日もお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀