読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yumiriya’s diary

今の自分が感じたり考えてることを綴っていこう

諦めない

こんばんは😊


この2ヶ月ほど現場に中々馴染めない職員に対し、職場環境や職員同士の人間関係にどうやって溶け込んでもらうのか?その職員に対する誤解やその人の良いところが周りの職員に気づいてもらえるのか?という事を考え、実行していきました。


職員同士の人間関係をよくするのも私の大切な仕事だと考えています。


しかし難しい所は、一対一ではないところです。


先ずは当事者である職員の事をよく知る事が重要だと考え、面談しました。


彼女は「人は変わらない」


と、どの角度から話してもその言葉だけを追い続けていました。


私は「人は変わる」と思っています。
しかも良い方に…


しかし、良い方向へ持って行くには並大抵の事ではありません。
なぜなら、私だけが頑張ってもダメだからです。


当事者の意識が変わるように、意識が変わる機会を作る必要があります。
また、周囲が彼女に注目し、彼女ががむしゃらに頑張る姿を目の当たりにし、良い方向へかわっていく変化を見続けられる流れを作ることも重要です。


先ずは私自身が彼女を知らなくてはならないと、数え切れない程の面談や雑談をしました。


少しずつ彼女が見えてきたところで、次は彼女の頑張る姿をみるチャンスを見付けました。


他の記事でかいた、子ども達と作るカレーライスの食育の場でした。


彼女は子ども達の前で「食育」という形で教えたり、共同作業をしたことがありません。


その企画から準備まで、少し厳しかったかもしれませんが、細かくレクチャーしていきました。


彼女は私より年上ですが、高いプライドを学びという視点でぐっとこらえ、頑張り続けました。もちろん、私は必要に応じて助け応援しました。


本番のカレーライス作りも大成功!
その姿を見た職員達の見方に、変化が見られるようになりました。


人の頑張る姿は周囲の意識が変わります。


大きな行事の力を借りてギクシャクしていた関係の歯車が大きく変化していきました。


今では、彼女は職場への違和感を感じなくなり、職員とのコミュニケーションを楽しみ、現場が困っているときは率先して助けに来てくれます。



私はきっかけを作っただけですが、あえて言うなら、諦めませんでした。



彼女の代わりはいくらでもいるかもしれません。でも、こうやって知り合ったのも何かのご縁だと思うのです。



私も人間なので、この方は確実に双方のためにならないと判断した場合は離れる事を視野に入れる必要があると考えます。
仕事は仲良しごっこではないので。


でも、少しでも双方の未来へ繋がるならば、基本的に私の方から一度繋いだ手は離しません。


人間関係は努力なくしては良好になることも、円滑に進むこともありません。



何事もそうですが、諦めない事が一番かなと考えます。



そして諦めない事が、なりたい自分になるための「近道」なんだと思っています。


まぁ、途中の苦労が絶えませんが(笑)


それも一興かなと…😅特に私の場合…😱


明日も出勤です!


仕事して、夕方から子ども達を地域の夏祭りへ連れていき、そのあとは以前の記事にも書いた同じ志を持つチームと食事会兼次回プロジェクトの打ち合わせです。


そこには、また違った業界の方がいらっしゃるとのこと🎵
新しい出会を楽しみ、さらに勉強していきたいと思います。



夜中になってしまいました。



夢…見ないで⁉朝が来そうです(笑)


最後までお読み頂きまして、ありがとうございました😊🍀



おやすみなさい💤